TOP > 事業内容 > 品質管理

品質管理

品質管理フロー

化粧品GMP規格(ISO22716)に基づき、生産活動に係る全ての工程や品質管理体制に渡り、各種手順書をそろえ 常に標準化を目指しています。後工程はお客様の考えで、源流管理の徹底に努めています。 資材や製品の抜取検査は、ANSI/ASQC Z1.4の規格に基づき実施してます。
  • 原料受入管理
    バルク検査
    資材受入管理

    矢印
  • 工程検査
    (企画の適正確認)

    工程検査風景
    矢印
  • 製品抜取検査
    (出荷前検査)

    製品抜取検査風景
    矢印
  • 製品出荷検査等の
    検査

品質保証活動とは

品質が所定の設計された品質規格にあることを保証するため、設計段階から生産工程に至るあらゆる工程でバリデーションを行い、 安全性の高い高品質の商品を継続的に生産し提供できる体制作りを目的とします。

最高の品質を保つ、先端のノウハウ

最新のコンピューター制御により生産が行われていますので常に均一の安定した製品を量産することが出来ます。 世界中から集められる天然物の原料チェックから始まり 品質規格に基づくバルク製品・完成品の厳しい品質管理が行われています。

国際的品質保証規格 ISO9001 認証取得

化粧品はお肌に付けるものですから、安全面などからの品質を保持しなければなりません。 ピカソ美化学研究所グループでは、商品やサービスの品質を保証する世界的な規格「ISO9001」を取得し、商品の品質や安全性の保証体制を確立しています。 商品の品質や安全性を確保することが、お客様の真のご満足につながると考えています。

国際標準化機構 粧工連自主基準 化粧品GMP ISO 22716 認証取得

ISO 22716(化粧品GMP:Good Manufacturing Practice)は、化粧品の製造や管理、保管、出荷に関する徹底した品質管理と、消費者の安全確保を目的としたハイレベルな法的要求事項をガイドラインをまとめた規格です。近年、欧州市場で流通する全ての化粧品が、化粧品GMPに準じて製造されなければならないとされており、ISO 22716は、化粧品の輸出のための必須条件になりつつあります。
ISO 9001
  • QUALITY MANAGEMENT SYSTEMS
    認証取得 ISO9001: 2015 品質マネジメントシステム

  • ピカソ美化学研究所グループ
    本社・中央研究所 / 東京オフィス・研究所 / 横浜工場 、横浜第2工場 / バンコク第1工場、バンコク第2工場

  • GOOD MANUFACTURING PRACTICES
    認証取得 ISO22716 : 2007 化粧品GMP(優良製造規範)

  • ピカソ美化学研究所グループ
    神戸工場・横浜工場 / 横浜センター / ピカソナチュラルズTOKYO / バンコク第1工場、バンコク第2工場

Intertek
  • 認証取得 ISO9001: 2015 ISO22716 : 2007

  • ピカソ美化学研究所グループ
    美創化粧品研究開発(上海)有限公司

インドネシアMUIのハラール認証取得

ハラール認証(Halal Assurance)とは、イスラム教の戒律に則って製造された化粧品であることを証するシステムです。ハラールとはイスラム法において「合法なもの」の意味で、イスラム教徒(ムスリム)は「豚肉(豚由来の食品や添加物を含む)」「血液」「酒類」「イスラム法に則って食肉処理されていないもの」などは避けなければなりません。ハラールは神に従って生きるムスリムの生活全般に関わる考え方であり、ハラルマーケットは、ムスリムの日々の生活全てに関わる商品やサービスなどの提供を全て含んだ、とても幅の広い市場です。ハラール認証は、ムスリムの人々にとって、安全な生活を示すためのガイドラインであり、無くてはならない基準です。
インドネシアMUIのハラール認証取得
  • HALAL ASSURANCE
    認証取得 ハラール認証 ステータス(A)

  • ピカソ美化学研究所グループ
    PICASO NATURALS LABORATORY CO.,LTD
    ピカソナチュラルズ・バンコク第1工場